Skip to content
5.AIチャット

AIエージェント・AIテンプレートの設定画面

概要

AIエージェントおよびAIテンプレートの設定画面について説明します。

設定画面でも一覧画面と同様に、AIエージェントとAIテンプレートには共通の項目があります。ここでは、これら共通項目に加えて、それぞれが持つ特有の項目についても解説します。

 

共通項目

 

共通①タイトル・説明文・アイコン画像

ここで設定したものは一覧画面で表示されます。

タイトル

  • エージェントの名称です。AIの生成結果には影響しません。

説明文

  • どんなエージェントか説明する文章です。AIの生成結果には影響しません。

アイコン画像

  • AIエージェントにイメージ画像をつけられます。
  • 正方形の画像をアップロードしてください。
  • デフォルトは画像がない状態です。

 

共通②ファイルアップロード

  • ここにアップロードされたファイル情報をもとに回答をします。
  • PDF、CSV、word、テキストファイルが添付できます。
  • 文字数上限は、使用するGPTモデルによって異なります。
  • エージェントの設定項目に「添付ファイルに沿ってお答えください」と記入すると精度が上がります。

 

共通③公開範囲

チーム

  • ワークスペースのメンバーにAIエージェントを公開します。
  • チームで作成されたチャットは、履歴もチームに公開されます。

プライベート

  • ワークスペースの他のメンバーにはAIエージェントを公開しません。
  • プライベートで作成されたチャットは、履歴もプライベートにのみ公開されます。
⚠️注意点 アドミン/オーナー権限のユーザーは全てのAIエージェントや履歴の閲覧が可能です そのためクレジットカードなどの情報は入力しないようにしてください。

公開範囲は、チャット後に履歴から変更する事もできます。

 

共通④作成ボタン

  • 設定された内容でエージェントを作成します。
  • 作成したユーザーや管理者は、後から内容を編集する事ができます。

 

AIエージェント設定項目

 

どのようなAIエージェントですか?

AIエージェントの挙動を設定します。例として、以下のような項目があります。

  • 専門分野と前提知識:
    • AIエージェントの専門分野や持つべき前提知識を具体的に設定します。例えば、「マーケティング専門家」「技術サポート担当」ならびに「SEOに関する知識」や「カスタマーサポートのプロセス」など。
  • 人格や口調:
    • AIエージェントの人格や口調をカスタマイズします。例えば、「親しみやすい口調」「フォーマルな口調」といった設定が可能です。
  • 出力するフォーマットの設定:
    • エージェントが生成する文章の形式やスタイルを設定します。例えば、「箇条書き形式」「詳細な説明」など。

 

最初のメッセージ

チャットの始まりのメッセージを入力します。これにより、ユーザーがどのような内容でチャットを開始すればよいか、またAIエージェントがどのような内容に答えることができるかを明確に伝えます。

設定するメッセージ例:

  • 「このチャットでは、商品情報について質問できます。」
  • 「このAIエージェントは、マーケティング戦略に関するアドバイスを提供します。」

これらのメッセージを設定することで、ユーザーはすぐに必要な情報を得るための指針を得ることができます。

 

AIテンプレート設定項目

 

テンプレート

AIテンプレートでは、ユーザーは事前に設定されたテンプレート文の一部を書き換えたり、穴埋めしたりすることで、常に一定の精度の回答を得ることができます。

テンプレートの作成時には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

 

①AIへの出力指示:

AIに対してどのような出力を求めるかを明確に設定します。例えば、以下のような具体的な要求を入力します。

  • 例:商品の特徴を簡潔に説明してください。
  • 例:お問い合わせ内容に適した回答をしてください。

    ②ユーザー向けの入力欄:

    AIテンプレートを効果的に利用するために、どこに何を記入すればよいかユーザー向けの入力欄も明確にしておくと良いでしょう。以下のような具体的な指示をテンプレートに含めることをお勧めします。

    • 例:「ここに商品名を入力してください:_____」
    • 例:「お問い合わせ内容を入力してください:_____」