Skip to content

アップデート1.14:チャット画面でのファイルアップロード

アップデート項目

2024/7/3のアップデート内容を紹介します。今回追加されるものは以下になります。

  • チャット画面でのファイルアップロード
  • 軽微な修正

チャット画面でのファイルアップロード

概要

チャット中にCSVやエクセルファイルをアップロードすることができるようになりました。これまではAIエージェント設定画面でしかファイルをアップロードできなかったため、チャットしている最中のデータ解析が困難でした。

今回の改善により、ユーザーは売上やレポートなどの常に変動するスプレッドシートやデータファイルを解析する事が簡単にできるようになります。

使い方

モデルの切り替え

ファイルアップロードはGPT3.5とGPT4のどちらも行う事が可能です。

ただし後述するように文字数の制限や精度の違いがあるので、用途に合わせてどちらのモデルを使うのか選択しましょう。

チャット画面でのアップロード

チャット画面にて、送信ボタン横の[+]ボタンからアップロードするファイルを選択する事ができます。

 

また、複数のファイルを選択する事もできます。

どのように解析するのかの指示を添えてチャットに送信します。

利用可能なファイル形式

対応可能な拡張子は以下の通りです。

利用可能なファイル形式 拡張子
CSVファイル .csv
テキストファイル .txt
PDFファイル .pdf
エクセルファイル .xlsx
ワードファイル .docx

なお、GPT4の場合上記に加えて画像ファイルもアップロードする事が可能です。

リンク:画像解析

GPT4でのみ利用可能なファイル形式 拡張子
画像系ファイル .jpg, .jpeg, .png, webp, .gif

 

上限値

モデル毎の上限値は以下の通りです。GPT4の方がより多くの文字数を扱う事ができます。

なお、この上限はアップロードするファイルだけでなく、チャットの累計文字数も含みます。上限に到達した場合、新規にチャットを立ち上げていただき、引き続きご利用下さい。

モデル トークン上限値 文字上限値
ChatGPT3.5 16,385 トークン 約 12,289 文字
ChatGPT4 128,000 トークン 約 96,000 文字

 

ユースケース

複数のCSVファイルを参照して、適切なアクションや戦略の提案が可能です。

具体的な例として、商品の在庫データと販売データを参照して、どの商品がプロモーションを必要としているのか、どのようなプロモーション手法が効果的であるかを尋ねています。

AIエージェントはこれらのCSVを解析して、プロモーションの手法なども含めて提案を行う事ができます。

 

また、画像+CSVファイルなど、様々な組み合わせで解析を行うことも可能です。ぜひご活用ください。