Skip to content

アップデート1.8:GPT-4o、画像解析に対応

アップデート項目

2024/5/17のアップデート内容を紹介します。今回追加されるものは以下になります。

  • AIチャット
    • GPT-4oに対応
    • 画像解析に対応

GPT-4oに対応

概要

AIチャットで使用できるモデルをGPT-4turboからGPT-4oに変更しました。

この変更により、以下のようなメリットが期待できます。

  • 応答速度が向上しました。(約2倍以上の向上)
  • より論理的で人間的な会話が可能になりました。

    使い方

    • [アカウント設定]から[使用するモデル] > [GPT-4o]を選択して[変更]を押してください。
    • その後、AIチャットやAIエージェントから通常通り会話して頂く事ができます。

    画像解析に対応

    概要

    チャット画面上での画像解析に対応しました。これによりアップロードした画像の特徴などをAIが解析できるようになります。

    具体的な用途は後半で「ユースケース」としてご紹介します。

    使い方

    • 画像解析を行うには、GPT4に設定する必要があります。[アカウント設定]から[使用するモデル] > [GPT-4o]を選択してください。
    • チャット画面でクリップアイコンから画像を選択します。
    • 画像を選択後、分析を指示するテキストと共にに実行します。なお、同時に複数の画像を解析する事ができます。

    注意事項

    • 画像解析は、以下の拡張子に対応しています:PNG、JPG、JPEG、WebP。
    • 画像のファイルサイズは20MBまでとなっています。

    ユースケース

    画像解析の参考になりそうなユースケースを提案します。

    ①画像を解析して商品紹介文を作成

    画像の特徴を解析し、指示文で文章の長さなどを指定する事でAIが紹介文を書いています。

    ② 画像を解析して画像生成用プロンプト作成

    画像解析から、画像をテキストで描写する事で、それを使って類似する画像を生成する事もできます。下記は、【構造】【形状】…のようにカテゴリーごとに分析するようにAIに指示しています。

    解析して出てきた特徴を[AIデザイン]にコピーして画像生成した結果が下記になります。バッグの構造や大きさなどがある程度似た状態で生成されます。

    ③手描きのメモ・図を解析

    また手描きのメモや図を撮影して解析すれば、AIを使って文字起こしや図の分析を行う事が出来ます。